BLOG

- Diary

第2回朝ICHI ①

10月28日に2回目の「朝ICHI」を開催させていただきました。

朝早い上に小雨rain いつにも増して寒いsweat01

(外で販売に携わる皆さんにストーブのひとつも用意しなくて…ホントごめんなさい。。)

案の定お客様の集まりも鈍く、正直くじけそうでしたが、天候の回復と共にお客様がいらっしゃって一安心…

(遠くは三重県四日市市からも来ていただき、感謝いたします)

いつもICHIcafeに足を運んで下さる方、今回初めてお見えになった方

お一人お一人に心より感謝いたします。

当たり前のことながら、皆様に支えられてのICHIcafeなのだと…改めてヒシヒシと感じております。

 

また、皆様からのご要望もいただけて嬉しい限りです…

中でも、「毎週モーニングセットやってよ…」とか、「常時世界のビール置いてよ…」とか、「夜も営業してよ…」とか

ありがたきお言葉です…前向きに検討させていただきます…

 

前置きが長くなりましたが、内容を写真にてザッとっパッとご覧ください。

店頭では、ご案内どおり「築屋さんの石臼挽きとうふ」の販売や

10-28-4.JPG

波佐見焼の器…

10-28-3.JPG

そして世界のビールshine

10-28-5.JPG

(ビールをオーダーされた皆様…お味は如何でしたでしょうかsign02ご要望がありましたら何なりと…)

そしてモーニングセット…

ごめんなさい、写真を撮り忘れましたcoldsweats01

当日食べられた方、写真をお持ちでないでしょうか?

10-28-6.JPG

(テラス席でお食事された皆様…寒かったですよね~?申し訳ありませんでした。)

 

朝ICHIはこれにてしばし冬眠させていただきますが、

来年の春にはもっと充実した内容で、皆様をお迎えしたいと思います。

ご来店いただきました皆様、出店して下さった皆様、ほんとうにありがとうございました。

ズーロク…

最近は夕方4時半には薄暗くなってきて

秋の夜長とはまさにこの事でしょうか…

しかし暗いと色んな弊害が発生します

たとえばコレ

P1010307.JPG

差し込み式のパネルを

昨晩、暗い中で逆に差して帰ってしまったらしく…

今朝見て、「何語!?」って感じで慌てて戻しましたが、

何人の方がこの状態を目にしてしまったのだろうかと…

お恥ずかしい…

皆様もこんな失態がないようお気を付け下さい。

(今日もまたやりそう…)

 

可愛いトライ…

8月のブログでアップさせていただきました

空のTシャツを着こなしていたタイちゃんが2か月ぶりに

ICHIcafeにやってきました。

関西人の血が流れているせいか、相変わらずのノリの良さと

オトしてナンボのサービス精神で

怒涛のナイスリアクションぶりでしたが

精神的成長と言いますか、自我の目覚めでしょうか

自分で靴を履こうとトライする姿が

あまりにも可愛らしかったので紙芝居風にアップしちゃいます

はじまり、はじまり…

10-15-1.JPG

タイちゃんはICHIcafeで大好きなワッフルを2つ食べ

帰ろうと、まずは片方の靴を履きました。

疲れたので一休みしてました。

10-15-2.JPGのサムネイル画像

「さてさてもう片方…」

「あれっ靴が横になっちゃう…」

うまく履けません。

10-15-3.JPG

靴は思いのほか前へ前へ行ってしまいます…

タイちゃん「なんでやねんsign03

10-15-4.JPG

タイちゃん「なんで動くんや!!!」と靴に怒りましたが

靴は微動だにしません。。。

10-15-5.JPG

タイちゃん「そうか、だんまりか!」

「そしたら持久戦やな!」…

 

みたいな感じに脚色加えてみましたが

実際は、本当に一生懸命頑張っていたんですよ…

人の子なのに我が子の成長を見守っているような気分でした。

タイちゃん…また来てね~note

 

お留守番犬…

はじめまして

お留守番犬のコタロウです

P1000493.JPG

お店がオープンするまでの数カ月

毎日ベッタリの生活だった私とコタロウですが

オープンすると共に一人ぼっち(一犬ぼっち?)の時間が多くなり

たまに家に一緒にいるとこんな目で私を見るんです…

ただひたすら、じーっと見ていて

用事を終えた私が座ろうとすると、待ってましたとばかりに「アウアウアウアウ…」と盛大に吠え始めます。

(訳すと…おいおいおい僕ずっと待ってたし!ほったらかして自分だけごはんかよ~…です…たぶん)

まるで私のイスのクッションの中に『吠える』スイッチ入っているのかと思うぐらい、寸分違わぬタイミングで発動します。

 

犬や猫にも表情ってありますよね?

最近面白いのが、出掛ける背中越しに痛い視線を感じ振り返ると、

恨みたっぷりの細~い目で見送っていたり

ごはんの用意をしている時、長時間じーっと見られているんですが

最近、アゴを上がり框に乗せると楽な事を発見したらしく

横着して見ているんです…その時の表情がこれです。

10-9.JPG

あまりの悪気なさそうな顔がなんとも言えません。

まだまだたくさんありますが、止まらなくなるのでまた次回にしておきます。

ただの親バカなんですけどね

また今日も忠犬ハチ公ばりに待っていると思うのでそろそろ帰ります。

 

 

思い出の椅子…

イスが好きですheart01

ICHIcafeに置いてある椅子にもそれぞれエピソードがあります

その中で今日は一番思い出深い椅子のお話をさせていただきます。

 

写真にあるのは、左奥がチャーチチェアー

真ん中がアーコールのスクールチェアー

そして一番手前が、出会ったその場で一目惚れしてしまい

後先考えず買ってしまった思い出の椅子ですshine

P1010267.JPG

あれは忘れもしない今年の5月…

山口茂先生の『POPの学校・春の遠足』に参加した際

遠足の地、自由が丘を散策中、輸入雑貨店の店先にチョコンと置かれていたのがこの椅子

素敵っshine ほっ、惚れたheart04

…それまでの買い物で、すでに両手が塞がっていた私に

その椅子は、

「いいじゃんsmile買っちゃいなよ~」

「もう二度と出会えないよ~」

「何とかなるよ~」…

と、悪魔のように囁いてくるじゃありませんかsweat01

でも大丈夫dash 今日の私には止めてくれる冷静な大人達がいっぱい付いているから…

なんて思ったら…

「いいじゃん!買っちゃいなよ」

「荷物だったら持ってあげるよ…」

と、今度は優しい天使の囁き…

…天使と悪魔がまさかの結託…

もう無理です。誘惑に負けて買ってしまいましたnotes

しかし、そこからが大変でした

椅子は店員さんが悪戦苦闘しながら袋に入れてくれました

それも、薄めの袋に…

逆に怪しい荷姿になり、人とすれ違うたび熱い視線が紙袋に注がれ

同行している皆さんの注意力も90%はその紙袋eye

案の定、ダンダンと袋が破れ、脚が1本…2本…と飛び出し、とうとう持ち手がビリッsweat01

皆さん代わる代わる「持ってあげるよ」と優しく声を掛けて下さるのですが

流石に、こんなボロボロの怪しい物体を持たせる訳にはいかないし…

(とは言っても何人かの方に持ってもらいましたがsweat01

何とか高速バスの乗り場までは運びきるんだ!と言い聞かせ

皆さんとの別れ際、「がんばれ~」のエールを背に

何とか新宿まで到着したのでした。

 

ホント~に反省しています

あの時ご迷惑をお掛けした、山口先生はじめ皆様には

この場を借りて心よりお詫びと御礼申し上げます。

 

で、その椅子ですが、先日までお客様の荷物置きとして活躍?していたのですが

今は私の休憩用の椅子になっています

やっぱり自分で使わないと…思い出の椅子ですから…