BLOG

バッハ…

 

ここ数日ICHIcafeでは

クラシックを流しております…それもバッハです…

皆さんもバッハの曲は、馴染み深いのでは…

(音楽の父に向ってバッハって呼び捨てでいいのか…バッハさん…バッハ様…バッハどん…バッタもん… 

私も小学校の音楽の時間に音楽鑑賞でよく聴きました。

バッハの「無伴奏チェロ組曲」や、「G線上のアリア」… 

嘉門達夫の替え歌「鼻から牛乳」でお馴染みの「トッカータとフーガ二短調」

バッハ以外でも、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」や、

ベートーヴェンの「運命」など、他にもたくさん聴いた記憶が…

毎回α波出まくりで、数秒のうちに寝かしつけられたものです…

(それは、先生の思惑通りだったんでしょうか?)

そうなんです…バッハをかけてるとダンダン眠くなってしまうんです

さらにオルガンの音色が、教会にいるような錯覚に陥り

「パトラッシュ…僕も疲れたよ…なんだかとても眠いんだ…」とつぶやきそうになります

…危ない危ない…天使が下りてきて、天国へ召されてしまいそうです…

 

しかしクラシックが全部眠くなってしまうわけではなく、

例えば、小学校の頃…朝清掃が始まる時のシューベルトの曲を聴くと

今でも、急いで移動しなきゃ…って、条件反射で行くあてもないのに焦りだしますし、

下校時間にかかった、ドヴォルザークの「家路」を聴くと

早く帰らなきゃ怒られる…って、後ろめたい気持ちと

心細い気持ちにもなります…

 

そもそもなぜクラシックを選曲したかという話に戻ると

4月は、いろんな事が新しくなり

スタートの月です…

だからこそ、浮かれ過ぎず平常心でいたいなぁ~

そうであってほしいなぁ~ってカンジ…で

バッハをチョイスしてみました。

バッハを聴いてα波出しながらまったり…は、いかがですか?

枕のご用意はありませんが、ご来店…お待ちしております…

 

写真は、店内から見える景色です

開花寸前の桜が目の前に…

 

4-5-1.JPG

4-5-2.JPG

桜のピクチャーウィンドーです…